医局員の声 Voice of Staff

横山正先生 -他大学より入局、関連施設へ-

入局の経緯

藤田保健衛生大学を卒業し、中部労災病院(愛知県)にて初期臨床研修を行いました。整形外科に以前から興味があり3年目からの進路を、そのまま愛知県で行うか地元である神奈川県で行うか迷っていたところ、研修先でたまたま出会った東海大学整形外科の先生に誘われ東海大学整形外科を見学し、入局しました。
大学院には所属せず臨床研修医として3~4年目は東海大学医学部付属病院にて研修をおこないました。5年目に池上総合病院(東海大出向先:東京)6年目から塩田病院(東海大出向先:千葉、勝浦)に勤務し現在に至ります。

勤務体制の例(塩田病院の場合)

塩田病院(勝浦)は、病床300床の病院で、整形外科は約60床です。
外来、病棟、手術を行い、臨床経験を積んでいます。

午前 外来 研究日
(実家手伝い)
病棟 外来 病棟 外来 休み
午後 手術 手術 手術 手術 手術

当直はなし。残り番といい月に3回程度21時まで救急当番がある(内科系疾患も診察)。

臨床

自分が手術した方を、最後まで一貫して診察できます。

塩田病院の多くの症例は高齢者の骨折が8割程度を占めています。
大学病院ではあまり経験することのない大腿骨近位部骨折、橈骨遠位端骨折、脊椎圧迫骨折などが中心で整形外科のcommon diseaseを数多く勉強できる場所であります。大学ではより専門的な整形外科疾患や重度多発外傷などを学び、塩田病院の様な関連病院では一般的な疾患を学ぶといった感じです。
また大学では術前・術直後の急性期に携わる機会が多く手術適応となる疾患を数多く勉強できるのが特徴ですが、当院では自分が手術した方を、最後まで診察できるといった特徴があります。

手術

様々な手術の経験を積むことができています。

麻酔科の先生、手術室のスタッフ等の協力もあり午後はほぼ毎日手術ができる態勢です。また早期治療が必要な骨折や大腿骨近位部骨折などは受傷当日も対応していただくことができ非常に助かっています。
年間約120件の手術を行っており、そのうちのほとんどが骨折治療です。その中でも御高齢な方の骨折(骨粗鬆症に伴う骨折)が大半を占めています。また勝浦には国際武道大学があり若年者の骨折・スポーツ外傷も診ることがあります。とにかく開放骨折や高エネルギー外傷以外の骨折は、ほとんど経験することができ、症例数もまずまずある病院だと思います。
さらに当院には月1~2回、肩・手・脊椎それぞれのスペシャリストが非常勤で来ていただき、自分達で対応できない専門的な症例の手術を行っていただいていており、幅広い診療を行っております。現在私の上司は卒後21年目のベテラン医師で、大学では股関節班のTOPであった先生なので人工関節(膝・股関節)も教えていただいており非常に勉強になっています。
この病院にいる間はとにかく多くの手術を行っていき経験を積んでいきたいと考えています。しかし手術は最終手段であり、整形外科医といえど大事なのは保存的治療と考えています。保存的治療で限界のある症例や手術のメリットが大きい症例を的確かつ迅速に判断し手術にもっていくことが必要です。そのためにも外来診療のテクニックも日々勉強しています。

病棟業務

退院後の生活まで考えた治療計画が求められます。

病棟では20~30名の患者様を担当しています。御高齢な方が多く肺炎や尿路感染症等の合併症が出現することが多く内科的な治療の知識も必要です。 看護師・薬剤師・理学療法士・作業療法士などと共にチーム医療を実践し、早期回復に努めています。
院して終わりではなく、その後の患者様の生活を考えた治療計画が求められていると感じます。

オフタイム

当直

当直はありません。月に3回程度、残り番といい21時まで救急当番があります(内科疾患も診察)

勉強時間

手術のない午後、夕方以降は時間が空くため、勉強時間が十分にとれます。
学会や研究会にも積極的に参加し、臨床経験と共に知識を深めています。

プライベート

プライベートの時間が比較的とれ、趣味のサーフィンをしたり、家族との時間を過ごすことができます。
とにかくオンオフがはっきりしている病院なのでストレスなく仕事ができています。勝浦は非常に田舎ですが美味しい海鮮料理も食べれたり、その他も色々な魅力のある町です。

後輩へメッセージ

ニーズに合った研修ができます。是非見学にいらしてください!

私は東海大学整形外科の中でも数少ない他大学卒業ですが、先輩・同期・後輩のみなさんが、やさしく気さくな方が非常に多く、すぐに溶け込むことができました。大学の時は研修のシステムも良く非常に多くの疾患を実際の臨床やカンファレンス、勉強会等を通じて指導していただけます。
また関連病院では、外来・手術と経験豊富な先生方から御指導いただきながら非常に多くの症例を経験でき臨床力を身につけることができると思います。このようにバランスのとれたローテーションもあってか、入局後5年目には整形外科専門医も合格させていただきました。
東海大卒以外の先生で神奈川周辺にて整形外科を考えているみなさん!東海大学整形外科は本当にアットホームであり研修システムも充実しており、それぞれのニーズにあったローテーションを送ることができます。最初はうまくやっていけるか等の不安がありましたが、そんな心配はありません。是非見学にいらしてください。そして一緒に頑張っていきましょう!

  • 東海大学医学部整形外科専門研修プログラム 見学申込はこちら
  • Voice 医局員の声 当科のやりがいや魅力を紹介
  • Research 研究内容紹介 トップレベルの研究を世界に発信
  • Research 研究内容紹介 1700件(2014年)を超える手術を施行

pagetop