研究内容 research

本研究は、従来再生が難しいとされてきた膝関節軟骨の治療を目標としております。日本独自の先端医療技術である細胞シート工学を応用し、「再生医療」の実現に向けて日々研究に取り組んでおります。

自己細胞シートに関する記事

2014年7月23日 読売新聞 朝刊

同種細胞シートに関する記事

2014年8月16日 読売新聞 夕刊

現在の研究テーマ及びプロジェクト

  • 自己細胞シートによるヒト幹細胞臨床研究(平成26年11月終了)から
    先進医療への移行
  • 同種細胞シートによるヒト幹細胞臨床研究(平成26年8月開始)の実施
  • 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が促進する再生医療の産業化に向けたプロジェクト「ヒト間葉系幹細胞由来の再生医療製品構造システムの開発」の実施

私共は、平成23年に自己細胞シートによる臨床研究を開始し、8人の患者様への移植及び1年後のフォローアップを行い、平成26年11月に無事終了致しました。自己細胞シートの安全性および有効性が確認され、今後先進医療への申請を予定しております。

また、平成26年8月に厚生労働省の承認を得て、同種細胞(他人の細胞)シートによるヒト幹細胞臨床研究を開始致しました。本年度は移植に適した細胞の選定と安全性評価を行い、平成28年度からの移植を予定しております。

他に、我々はNEDOの再生医療の産業化に向けたプロジェクトに参画し、ヒト細胞の有効性評価系の確立を目指しております。

厚生労働科学研究費補助金で実施しているヒト幹細胞臨床研究の詳細は下記URLをご参照ください。
http://cellsheet.med.u-tokai.ac.jp/

  • 東海大学医学部整形外科専門研修プログラム 見学申込はこちら
  • Voice 医局員の声 当科のやりがいや魅力を紹介
  • Research 研究内容紹介 トップレベルの研究を世界に発信
  • Research 研究内容紹介 1700件(2014年)を超える手術を施行

pagetop