取り扱う疾患 Orthopedic disease

代表疾患に対する当領域のアプローチ

脊椎脊髄疾患

脊椎脊髄外科では特に、腰部椎間板ヘルニア、すべり症などの腰椎変性疾患、側弯症などの脊柱変形、脊髄腫瘍、頸椎症や後縦靭帯骨化症による頚部脊髄症などが頻度の高い疾患です。また、救命センターを経由して搬送される脊椎脊髄外傷例の治療も私達の大きなフィールドです。脊椎脊髄外科疾患、外傷のすべてに対応できるスタッフを配置しています。日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医が5名おります。

img01

椎間板ヘルニアでは当該椎間板の機能を可及的に温存する手術手技を選択し、顕微鏡下ヘルニア摘出術、内視鏡的ヘルニア摘出術により、良好な長期成績をあげています。腰椎変性疾患では確実な除圧術と的確な判断のもと脊椎固定術が行われており、低浸襲な手術を心がけております。頚椎症性脊髄症に対する脊柱管拡大術側弯症の手術治療ではミリ単位の操作を可能とするCTナビゲーションや脊髄刺激モニタリング、自己回収輸血など最新の設備を駆使した安全性への配慮、新しいインプラントの導入で、人間の本来の弯曲へより迫る矯正術が可能となっています。脊髄腫瘍の手術例は髄外腫瘍、髄内腫瘍ともに過去数年間に飛躍的に増加し、顕微鏡下手術により良好な結果が得られています。頚髄症に対しては片開き式の脊柱管拡大術を改良した、東海大式の拡大術を考案し実施しています。いずれの疾患でも手術法の改良により、術後安静期間の著しい短縮化が得られています。たとえば、腰椎、頸椎疾患ともに2日で歩行可能となっています。

膝関節疾患およびスポーツ障害

膝関節手術ではスポーツ外傷によるものが多く、膝前十字靭帯損傷、半月板損傷、離断性骨軟骨炎、膝蓋大腿関節亜脱臼障害が主であります。前十字靭帯損傷、半月板損傷ではほぼ全例、関節鏡視下手術を行っています。以前と比べ入院期間も著しく短縮され、前十字靭帯の術後は、ほぼ2週間で退院が可能です。半月板手術は約1週間で退院が可能となっています。その他関節リウマチや、変形性関節症の例に低侵襲の人工関節置換術を数多く実施しています。また、大腿骨骨折、脛骨骨折の関節周囲の複雑な骨折例に対しては、内固定術だけでなく特殊な創外固定を駆使した手術法でも良好な成績を収めています。骨再生治療の一環として大きな長管骨欠損部に対する骨延長術も実施しています。

img01

肩関節疾患およびスポーツ障害

img01

いわゆる「五十肩」の中には腱板断裂、肩関節不安定症をはじめとした診断、治療の難しい疾患が含まれている事が分かってきました。また、最近のスポーツ外傷の急増に伴い、throwing athlete の肩関節障害に注目が集まっています。当科では超音波断層撮影、MRIを駆使した鑑別診断を行い、適切な治療をするように心がけています。
反復性脱臼手術反復性肩関節脱臼をはじめとした肩関節不安定症には関節唇修復、関節包縫縮術を行い、再発率は10%以内、スポーツ復帰は80%の好成績を収めています。投球性肩関節障害にも症例を選択し関節鏡視下手術を行っています。転位の著しい上腕骨近位粉砕骨折に対しては人工骨頭置換術を行い早期からの可動域訓練により、平均挙上角度120°と良好な結果を得られています。リウマチ、変形性肩関節症に対しても人工肩関節置換術を行い良好な結果を得ています。

手肘外科、末梢神経疾患および先天性疾患

肘から手指の骨・関節、末梢神経を含む軟部組織の外傷・疾患を対象に診療しています。手や肘の骨折に対し、早期のリハビリテーションが行えるような固定方法で手術をしています。また骨折後の内反肘や手の変形についてはその症例に応じてオーダーメイドの固定材料を製作して骨折前の状態に戻せるように手術を心がけています。舟状骨骨折など骨折後の偽関節に対しては血管柄付き骨移植術等を行っています。腕神経叢損傷など末梢神経損傷では顕微鏡視下での縫合・移植術を行っています。関節リウマチによる腱断裂や神経麻痺に対して腱移行術・腱移植術を、重度の関節炎に対して人工関節置換術等を行っています。手根管症候群、肘部管症候群では症例により内視鏡を用いて小さな皮膚切開で手術を行っています。そのほか、腱鞘炎、母指CM関節症、キーンベック病、デュプイトレン拘縮、野球肘など手肘外科全般的に診療を行っています。なお、これらの手術は症例内容によりますができるだけ局所麻酔での日帰り手術を行うようにしています。

また先天性疾患では機能を維持しつつ見た目を良くする手術を心がけています。扱う疾患は多指症、合指症、巨指症、母指形成不全症、裂手症、合短指症、先天性橈尺骨癒合症、先天性多発性関節拘縮症、マーデルング変形など多岐にわたりますが、手指欠損、上肢欠損については筋電義手の開発を行うなど、個々の症例に合わせた治療を考えています。

股関節疾患および骨盤外傷

股関節の疾患では,主に臼蓋形成不全症、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、先天性股関節脱臼を扱っています。青壮年者の臼蓋形成不全症、変形性股関節症や大腿骨頭壊死症には、寛骨臼回転骨切り術や大腿骨の内反、外反、回転骨切り術を行っており、高齢者の変形性股関節症には人工股関節置換術を施行しています。これらの手術の輸血は全例に自己血輸血を行っています。当科では、寛骨臼回転骨切り術では、術後の抜釘術が不要である生体内吸収性スクリューを用い、また人工股関節置換術では、術後のリハビリテーションの迅速化を図り術後3週間で退院できるように努めています。先天性股関節脱臼の早期発見の為に当院での全出生児に新生児健診と3ケ月健診を行い、治療は外来での装具療法で90%以上が整復されており、難治例には入院での牽引療法や手術的治療を行っています。股関節の外傷のうち大腿骨頚部骨折では、65歳未満では骨接合術を、65歳以上では骨折型によっては人工骨頭置換術を行い早期の家庭復帰を目指しています。骨盤骨折には放射線科の協力を得て、経カテーテル的動脈塞栓術を積極的に行って救命に努めており、骨折には主として創外固定を用いています。複雑な骨盤骨折や股関節脱臼骨折には3次元CTで骨折型を立体的に把握して手術を行っています。

骨軟部腫瘍

近年、骨・軟部腫瘍における診断治療の進歩は著しいが、最も重要なことは診断の精度です。当科では最新の画像診断と病理学部門の協力による組織診断をもとに、良悪性を厳密に鑑別して治療方針を決定しています。当院の悪性骨、軟部腫瘍の治療は外科的治療だけではなく、化学療法や放射線治療などの補助療法の併用により生命予後が著しく改善しています。
その結果、息肢温存や機能再建手術がより可能なものになっています。また、内科、小児科、放射線科、外科など他科との連携が極めて良好であり、集学的治療が可能となっています。

骨・関節外傷

当院には高度救命救急センターがあることから、多くの多発外傷・骨折を扱っています。年間の手術件数は全体の4割(400例)を超え、各部位のスペシャリストが難治性骨折治療(イリザロフ創外固定器を使用)対応しています。特に下肢開放骨折においては受傷後早期に内固定を行うことで、術後感染率の低下と入院期間の短縮が達成されています。また難治性骨折(感染性偽関節・回旋変形・短縮変形)に対してはイリザロフ創外固定器を使用した骨延長術や短縮延長術、骨移動術なども行われ安定した治療成績が得られています。複雑骨折の術後や骨癒合不全(偽関節)の患者さんには積極的に超音波骨折治療器を使用し80%を超える骨癒合が得られています。

  • 東海大学医学部整形外科専門研修プログラム 見学申込はこちら
  • Voice 医局員の声 当科のやりがいや魅力を紹介
  • Research 研究内容紹介 トップレベルの研究を世界に発信
  • Research 研究内容紹介 1700件(2014年)を超える手術を施行

pagetop